BO用語集(株式用語の基礎)

バイナリーオプションで成功するためには、株式取引で使われる基本的な用語を知っておかなければなりません。

株式ボード

アウト・オブ・ザ・マネー
損失が出ている状態。
コールオプションでは市場価格より行使価格のほうが高い、プットオプションでは行使価格より市場価格のほうが高い状態。
アット・ザ・マネー
利益がゼロの状態。
行使価格と市場価格が等しい状態。
インカムゲイン
株式投資における現金配当、債券投資や預金などから生じる受取利子、信託の結果としての収益分配金などの総称を指す。
イン・ザ・マネー
利益の出ている状態。
プット・オプションの場合、原資産価格より権利行使価格が高い状態で、コール・オプションの場合、権利行使価格より原資産価格が高い状態。
円安(えんやす)
円の価値が下がること。日本経済が弱くなっている状態で、円安になると一般的に物価が上がる。
円高(えんだか)
円の価値が上がること。円高になると一般的に物価が下がる。
オプション取引(とりひき)
将来の決められた期日(満期日)にあらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、原資産を買付ける、または売付ける「権利」を売買する取引のこと
外国為替(がいこくかわせ)
通貨が異なる国際間の貸借関係を現金を送付せずに、手形や小切手などを使って振替決済する方法
「外為(がいため)」「為替(かわせ)」と呼ばれ、英語では「FX(Foregin Exchange)
為替(かわせ)
為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金以外の方法によって金銭を決済する方法の総称。
遠隔地とのお金のやりとりを行うために使われる。
為替レート(かわせれーと)
日本円と海外の通貨、または2国間の通貨を交換する時の取引価格、または相場のこと
逆張り(ぎゃくばり)
株価が下落している銘柄を狙い「株価の回復を待つ」または「安値で対象銘柄を仕込みたい」ときに購入すること。
クロス円
米ドル以外の外国通貨と日本円の組み合わせ。
米ドルを円で購入し、米ドルでその通貨を購入することになる。
権利行使価格(けんりこうしかかく)
事前に取り決められた価格のこと。売買する権利を行使する時の価格。
コール・オプション
ある商品を予め決められた価格で予め決められた期間で買う権利のこと
順張り(じゅんばり)
株価が上昇している銘柄を狙って「購入した株価よりもさらに上昇することを期待」して購入こと。
通貨ペア(つうかぺあ)
買う通貨と売る通貨の組み合わせのことで、交換する2国の通貨。
両通貨の間にスラッシュを入れることで「ドル/円」などと表現する。
ドルストレート
外国為替取引において、米ドルが絡んだ通貨ペアのこと。
為替市場は、基軸通貨であるアメリカドルを中心にして動いており、どの通貨からも米ドルを直接買うことができるが、米ドル以外の通貨は直接他の国の通貨と交換することができない。
日経225(にっけいにいにいご
日本を代表する企業225社の株価の平均値を加工したもの。
いわゆる日経平均株価のこと。
ハイ&ローオプション
価格が「上がる」か「下がるか」だけを予想する二者択一の取引。
バイナリーオプション
為替金融商品の一種で、相場が「上がるか」「下がるか」を予想する投資。
プットオプション
ある商品を予め決められた期日に、その時の市場価格に関係なく、予め決められた価格で売却することができる権利。
ペイアウト
払い戻しの事。
ペイアウト倍率(ばいりつ)
バイナリーオプションにて、取引が成功した時に受け取れる金額の割合。
ポジション
相場にエントリーして、決済せずにその状態を維持している注文のこと。
約定(やくじょう)
金融取引において買いまたは売りの注文が執行されて売買が成立すること。
有価証券(ゆうかしょうけん)
財産的価値を表す紙面のこと。株式・債券・手形・小切手などを指し、それ自体に財産的価値を持っている。
一般的に、手形、小切手などの貨幣証券と、運送証券、倉荷証券などの物財証券、株式、社債券などの資本証券の3つに分類される。
ラダーオプション
複数の為替レートがあり、その中で上がるか下がるかを選択する投資方法。国内バイナリーでの主流。
利乗せ
相場が上昇トレンドに乗った時に、さらなる利益を求め、保有している株や通貨を買い増しすること。
レアメタル
埋蔵量が少なかったり、抽出が難しかったりする31種の金属の総称。
レバレッジ
実際に持っている資金よりも多くの通貨量をトレードすることを可能とする。
てこの原理。
レンジオプション
取引終了時間までレート価格が一定のまま範囲内に収まっているかいないかを予想する取引。
ワンタッチ
取引終了時間までに、予想したレートに一度でもタッチすれば満額のリターンを得ることができる取引。