為替レート

バイナリーオプション取引では、数分後、数時間後の為替レートが上がるのか、下がるのかを予想するものが多く、ここでは、その為替レートについて学んでおきましょう。

この為替レートというのは、英語で「Exchange Rate」と表記され、通貨の異なる国同士の貨幣を交換する比率のことで、別名として「為替相場」「通貨レート」などと呼ばれることがあります。

私達の毎日の生活の中でも、ほぼ毎日言葉としてあちこちにありふれているものであり、テレビのニュースなのでも円高だの、円安だのと頻繁に取り上げられていますね。

では、この為替レート、一体誰が決めているんでしょうね。
実は、この為替レート、特定の人物や組織が決めているわけではなくて、為替市場へ参加している企業や人々のニーズによって決まっています。

どういうことかというと、基本的に為替レートは「売り手」と「買い手」の間で決まるものですので、世界中を見渡すと、同じ時間帯でも異なる為替レートが複数存在しているのです。

ですので、新聞やテレビなどで知ることのできる為替レートは、ロイターや時事通信社などが、その時点のおおまかな為替レートを公開しているだけなのです。

その他の為替レートを決める要因

為替レートの決定要因の多くは「売り買いの量」、つまり2国間の相対的な力関係によって決まるのですが、実はそれだけで決定されるような単純なものではなく、その他にも景気動向や国際情勢、政府による市場介入など、たくさんの要因があります。

とくに現代では、輸出や輸入などモノの売り買いの動向よりも、国境を越えたお金の貸し借りや投資の動きのほうが規模が大きく、為替レートに影響を与えることがあります。

テクニカル要因

為替相場は細やかなパターンは違っていたとしても、過去と似たような動きをすることがあり、その過去の価格推移が表示されたチャートを元に為替相場が動く。

投機的要因

莫大な資金を投入し、短期的な利ざやを稼ぐ取引を繰り返しているヘッジファンドや機関投資家などの投機によるもので、短期的な為替レートの変動に影響を与える。

ファンダメンタル要因

日本語では「経済の基礎的条件」と訳され、経済状況を把握する指標として、国際収支・経済成長率・金利・失業率・物価の5つが挙げらる。