STOP

知ったら仕舞い

材料は潜んでいるうちがもっとも価値があり、誰もが知ってしまえば材料の妙味はなくなり、相場にとっても無意味なものになってしまうということ。

投資において人は、他人より一歩先を読んで儲けようという気持ちが強く、株式市場では業績などの材料に対し、様々な事前予想が飛び交っています。
しかし、事前予想が実際の発表となった途端その新鮮さはなくなります。

つまりは、一般的に知られてしまった材料であれば既に妙味はなく、手仕舞いを考えなければいけません

株価が上がりだすと、きっと裏に買い材料が隠れているわけで、その内容がわかってしまえば、もう相場は終わるのです。

田附政次郎

この「知ったら仕舞い」という言葉は、綿糸相場師として活躍し、田附将軍と呼ばれていた田附政次郎(たづけ まさじろう)氏の残した格言のひとつで、売りを得意として勝ち抜いたと言われています。

臨機応変な仕事人タイプの相場師だったうえ、愛嬌のある顔立ちからタヌキ将軍の愛称で親しまれていたのだそうです。

ちなみに、「熟柿触るれば墜るほかなし」「売るべし、買うべし、休むべし」「逆ザヤ売るべからず」「余り物に値なし」なども田附政二郎の格言です。

似た言葉

ニュースは発表されたら古臭いものとなる

噂で買え、事実で売れ

若い相場は、目をつぶって買え

勝つための格言