いかり

漁師は潮を見る

漁場を探すとき、漁師は気象状況や潮の流れを見て、魚の流れを読み、魚が集まりそうなポイントにあらかじめ網を仕掛けます。
これと同じように株式投資においても相場と流れを見て、次の流れを読み取らなければ大きな利益は得られません。
大きな相場の流れに乗るようにすれば自然と利益が集めってくるのです。
潮時を間違えると大変なことになります。

相場の流れ

株式投資では、売買したからといってそのすべてが利益になるというわけではありません。
相場のリズムや流れを見て波に乗らなければ、利益は上がらないのです。

ですので、なるべく相場の流れをとらえ、その波にうまく乗ることができるように心がけるだけでも、ある程度の勝つ確率を上げられるものだと思います。

相場においては、今どのような流れが来ているのか、不穏な流れは来ていないか、リスクが高いのか?低いのか?、トレンド相場となるのかなど、様々な角度から相場を読んでいくことが必要がなのです。

勝つための格言