クイーン

目先観で投資するな

株式投資においては、中長期での相場観を持っておくことが大切で、簡単に2~3度成功してしまうと、つい味をしめて資金を投入し、短期の相場見通しで投資をしてしまいがちになります。

ラッキーが立て続けに起これば、どうしても間隔が麻痺してしまいますし「運が向いているうちに儲けておこう!」などという欲も出てきます。

目先の損得にこだわると失敗を招きますので、経験だけに頼るのではなく、冷静な分析と判断を心がけましょう。

目先観

目先観(めさきかん)とは、一般的に1カ月以内の短期的な相場見通しのことで、3カ月程度ならば「中勢観」、6カ月以上ならば「大勢観」といいます。

過去の成功体験に味をしめて目先観で相場を張りがちな人は注意しましょう。

とにかく一時期の流れに身を任せることなく、まずは自分の株式投資のルールをしっかりと守り実践することが大切です。

勝つための格言