財布

命金には手をつけるな

株で損をし続けていくと資金が大幅に減っていき、それまで大事にしていたお金まで、株につぎ込んでしまうことがあります。

そんなときの精神状態は極限にまで興奮しきっており、冷静さを失って、生活に必要なお金までつぎ込んでしまいがちです。

これは、株式投資においては失敗の元となりますので、投資のおいてはある程度資金の余力を残しておくことが大切です。

投資は余裕資金で

投資の大原則なのですが「投資は余裕資金で行う」
命金(いのちがね)というのは、家賃や食費などの日々の生活にかかっている、失くなれば困ってしまうお金の事です。

そのようは生きていくうえで必要なお金を使うまでのめり込んでいる状況では、冷静な判断が出来るはずもなく、そういった時の投資はほぼ勝つことはできません。

相場格言の中でも、この言葉は特に有名なものの一つ

似た言葉

眠られぬ株は持つな

勝つための格言